任意整理を費用の安い司法書士事務所に依頼

夫に内緒の借金があり、これまでは私も働いていたため、私の収入はすべて借金返済に充てていたのですが、体調を崩してしまったこともあり、長い時間働くことが出来なくなってしまい、収入も減ってしまいました。これまでは、借りるお金よりも返済するお金の方が多かったため、徐々に借金額は減っていたのですが、収入が減ってしまったこともあり、借金額がどんどん増えてしまいました。このままでは、返済が遅れてしまうことになると思い、思い切って任意整理をすることにしました。
夫に知られること無く手続きをすることが出来るということと手続きを開始してから比較的早期に結果が出るということ、他の債務整理に比べると費用が安く済むという事が任意整理に決めた理由でした。
手続きを依頼するのは、弁護士か司法書士か悩みましたが司法書士の方が手続費用が安かったため司法書士に依頼しました。手続きに必要な書類の送付先は全て司法書士事務所に届くようにし、自宅への連絡も来ないように依頼しました。
無事、和解が成立し返済が楽になりました。和解が成立するまでの3ヶ月間と少し、夫にバレるのでは無いかと不安もありましたが、バレること無く手続きをすることが出来ました。
「タカタ問題」の論点整理
事業継続を前提とする債務整理には、会社更生法に基づくものと、民事再生法に基づく2つの方法がある。おおざっぱな言い方になるかもしれないが、会社更生法では裁判所に任命された管財人が再建業務を実施する。民事再生の場合は現経営者が継続してその任につき債権者 (続きを読む)